ホルモン補充療法で若々しさを取り戻す|医療機関で施術を受けよう

更年期に有効な治療

女医

ホルモン補充療法は女性ホルモンを薬で補う更年期障害の治療法です。女性ホルモンのエストロゲンの分泌量は、更年期になると急激に下降します。ホルモン補充療法で女性ホルモンを増やせば根本から更年期障害を緩和できます。

View Detail

副作用とホルモン剤

婦人

ホルモン補充療法の副作用はほとんどありません。まれに女性ホルモンの増加に伴う「消退出血」が見られる場合がありますが、医師と相談して薬を変更すれば解決できます。また、薬の種類は錠剤タイプと貼り付けタイプの2つがあります。

View Detail

薬の種類と効果

医者

ホルモン補充療法の薬の種類は錠剤タイプと貼り付けタイプの2種類があります。その効果としては、血管運動神経症状に代表される精神的な症状や動脈硬化などの身体的な症状の改善などが挙げられます。意外かもしれませんが、美肌効果もあります。

View Detail

エストロゲンを増やす治療

女性

女性の更年期とは

女性は40代を過ぎたころから徐々に卵巣の機能が低下し始めます。また一般的に40代前半になると生理周期が短くなり、40代後半になると逆に生理周期が遅くなります。そして50代を過ぎると一年以上生理が来なくなり閉経になります。生理周期が長くなる40代後半ごろから、閉経を迎えてから5年ぐらいのあいだのことを更年期といいます。そしてこの更年期に、エストロゲンが急激に低下することに体がついていけず、更年期障害になることがあります。この更年期障害は、医療機関で保険適用治療を受けて改善することができます。主にエストロゲンを薬で補うホルモン補充療法や、プラセンタエキスを投与するプラセンタ注射などの治療があります。

若返り効果もある

エストロゲンは女性らしさを作るホルモンです。このエストロゲンを製材としたものを体内に投与するのがホルモン補充療法(HRT)です。ホルモン補充療法は、年齢や健康状態、閉経を迎えてからの期間、子宮があるかないかなどによって製材の投与の仕方や投与の期間などが事なります。一般的に子宮があり健康状態が良好であるならば、卵胞期にエストロゲン、黄体期に黄体ホルモンを投与してホルモンのバランスをコントロールします。エストロゲンには女性としての美しさを引き出す効果もあるので、ホルモン補充療法をすることで、若返り効果や美肌効果なども期待できます。更年期障害を緩和するだけではなく、女性らしさも取り戻すことができる一石二鳥の治療です。